2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2014.03.01 (Sat)

弥生となりました。

次は古墳となります。
…というお話ではございません。

第46回演奏会の開催が、いよいよ「今月」となりました。

そのため、本日からは演奏会仕様のブログをお送りして参りたいと思います。
本年は練習日程の関係で曜日毎の担当ではありませんが
演奏会企画長→一・二部責任者→三部監督→三部助監督→三部助監督
という順で更新して参ります。よろしくお願いいたします。

申し遅れましたが、
演奏会ブログの最初の担当者となりました、企画長の遠江(とおとうみ)です。
演奏会の運営全般を担当しております。
文章力にはあまり自信がございませんが暖かな目で見守って頂ければ幸いです。


さて、
本日は南区の文蔵公民館で校歌と「鳥」の合わせを中心とした練習を行いました。
もう3月とはいえまだ日照時間が短いためか、最近は音が暗くなりがちなので、
明るく歌い上げることを意識しました。
二曲とも旋律が大変美しい曲なので、もっと歌唱力を磨きたいものです。

ところでこの二曲、
校歌では「筑波嶺」を「仰ぐ」
鳥では「鳥」を「仰いで」
と「仰ぐ」という言葉が共通して入っています。
本日の発声では太陽を「仰ぐ」ような姿勢をとることに重点を置きましたが、
その結果、声がかなり改善されました。
「仰げば尊し」ならぬ「仰ぐは尊し」です。
合唱は元々信仰から来ているものですし、
本年のテーマも天上の音楽の神、ミューズを信仰しようというものなので
その意識を毎日持ちたいと思います。


最後に、第46回演奏会は
3月26日水曜日、
さいたま市文化センターにて
13:30より開演致します。

一人でも多くのお客様にお楽しみいただけるよう
一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩進む精神で部員一同邁進します。
是非足をお運びください。


初登場から長々と書いてしまい申し訳ありませんでした。
最後まで読んで下さった方、心より御礼申し上げます。
スポンサーサイト
16:36  |  日記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |